中核人材確保スキームとは?About

中核人材確保スキームの図 中小企業、仲介支援者、多様な人財

中核人材確保スキームとは、中小企業等で多様な人材が中核人材として活躍するための、仲介支援者による人材確保支援スキームです。中小企業庁が平成30年度より実施しています。令和元年度「地域中小企業人材確保支援等事業(中核人材確保スキーム:経営支援機関プラットフォーム)」では、中小企業で多様な人材が中核人材として活躍できるよう、持続可能な人材確保支援スキームを検討し、成功事例を創出します。

モデル紹介Model

テーマ
商工会議所と取り組む大阪府域における、「経営支援~人材発掘支援~フォローアップ」までをシームレスに支援する人材確保スキームを構築
地域
大阪
実証団体名
公益財団法人 大阪産業局
テーマ
主に大都市圏に在住し、新たなキャリア形成の場を模索しているビジネスパーソンと、事業の拡大を志す中小企業を「兼業・副業」で結びつける人材確保スキームの構築
地域
静岡
実証団体名
静岡商工会議所 地域人事部
テーマ
地域中小企業に対して、経営課題の明確化から中核人材確保、定着まで一貫した支援を実施するプラットフォーム構築事業
地域
香川
実証団体名
高松商工会議所
テーマ
中小企業の経営課題解決を目的とし、中核人材(主にミドル・シニア)の多様な働き方(転職、業務委託・派遣契約)での人材活用の提案・マッチング・定着支援を行うスキームの構築
地域
千葉
実証団体名
千葉商工会議所
テーマ
「東京コア人材採用・育成プロジェクト」 東京都内の成長を目指す中小企業と、中核人材として貢献できるミドル・シニア、若手、外国人、兼業副業などの多様な人材をセミナー、個別支援、マッチングイベントを通じた伴走型支援で結びつける人材確保・定着スキームの構築
地域
東京
実証団体名
東京商工会議所
テーマ
あきたかたコンソとの連携による、地域中小企業への経営支援、及び都市部在住の複業人材とのマッチング、人材定着支援スキームの構築
地域
広島
実証団体名
株式会社パソナ