「プロボノ・兼業・副業推進シンポジウム~プロボノ・兼業・副業の今を知る:中小企業や地域ではぐくむパラレルキャリアの実例と可能性~」を開催

2019/1/24
事務局(みずほ情報総研株式会社)

中小企業庁では「地域中小企業人材確保支援等事業(中核人材確保スキーム事業)」を通じて、プロボノ(自らが保有する知識や技術を活かして社会貢献を行うボランティア活動)・兼業・副業を含む多様な働き方を促進するため7つの新たなスキームを構築・実証したほか、プロボノに対する個人の挑戦を後押しするため「プロボノ体験ツアー」を開催いたしました。

将来的な人材母集団形成

本シンポジウムでは、「中核人材確保スキーム事業」の成果や課題を踏まえ、実際にプロボノへ参加された方の体験談をご紹介するとともに、有識者を交えてプロボノ・兼業・副業の可能性について議論します(参加無料)。

プロボノ・兼業・副業に関心のある方や新しい働き方を取り入れたい企業人事担当者様、その他本テーマに関心のある多くの皆様のご参加をお待ちしております。

シンポジウム概要

※横スクロールできます。

テーマ 「プロボノ・兼業・副業推進シンポジウム~プロボノ・兼業・副業の今を知る:中小企業や地域ではぐくむパラレルキャリアの実例と可能性~」
日時 2019年2月26日(火) 19:00-21:30
場所 TKPガーデンシティPREMIUM田町
東京都港区芝浦三丁目1番21号
msb Tamachi 田町ステーションタワーS 4階
定員 250名
対象者 ・プロボノ・兼業・副業に関心のある個人の方
・企業人事担当者・人材会社・人事コンサルタント等、多様な働き方や人事管理に関心のある方
・地方金融機関・商工会議所等、地域や産業振興に携わり、地域企業の新たな人材確保に関心のある方
申込み方法

こちら別サイトへ移動しますからお申込みください。

プログラム

第1部

はじめに:本事業の取り組み紹介「プロボノ・兼業・副業促進に向けた取り組みと新たな課題」

プロボノ・兼業・副業を通じた都市部人材の地域でのチャレンジを後押しするための取り組みについて、国の支援事業の例を交えながらご紹介いたします。

登壇者
中核人材確保スキーム事業 実証事務局
(みずほ情報総研株式会社 社会政策コンサルティング部 雇用政策チーム 福祉・労働課 チーフコンサルタント 森安 亮介)

第1部テーマ:「中小企業や地域にとって、都市部人材プロボノが果たせる役割」(仮)

都市部人材が持つ専門知識やスキルはどのように地域や中小企業へ貢献できるのか、実際に都市部人材は地域でどのような活動をしているのか等、体験談を通じてご紹介いたします。

①イントロダクション

登壇者
BBT大学グローバル経営学科長・教授 / 地方創生イノベータープラットフォームINSPIRE代表理事 谷中 修吾氏

②個人のプロボノ体験紹介

登壇者
プロボノ体験ツアー参加者
解説
BBT大学グローバル経営学科長・教授 / 地方創生イノベータープラットフォームINSPIRE代表理事 谷中 修吾氏

第2部

パネルディスカッションテーマ:「プロボノ・兼業・副業へ取り組むために我々が今出来ること」(仮)

プロボノ・兼業・副業に取り組むための工夫や成果、今後の課題等について、個人・企業・仲介者(人材プラットフォーム)等の様々な立場からご議論いただきます。

パネリスト
プロボノ体験ツアー参加者
プロボノ体験ツアー受入企業担当者
株式会社リクルート リクルートワークス研究所 主任研究員 中村 天江氏
株式会社grooves Skill Shift事業部 部長 鈴木 秀逸氏
みずほ情報総研株式会社 社会政策コンサルティング部 雇用政策チーム 福祉・労働課 課長 田中 文隆
モデレーター
BBT大学グローバル経営学科長・教授 / 地方創生イノベータープラットフォームINSPIRE代表理事 谷中 修吾氏